ブラック企業の仮眠室に居つくモノ

友人が勤めていたブラック企業の仮眠室にいついていたモノのお話。異常な事態であるにも関わらず、本人は仕事自体に疲弊しきって不思議にも思わずにただ耐える日々のお話。